なぜ顧問弁護士が生まれたか

顧問弁護士を擁立することが企業にとって強い意義を持ってきたのは戦後の経済成長の時期でした。
高度経済成長期になり企業の成長が激化し、日本の企業が互いに競い合い、そして時に手を結んで企業間取引が活発化していく中で多くの経済的な摩擦が発生し、その回避手段として事前に契約書を作成することが企業を守りながら経済成長を果たす必須条条件になってきました。
この中で法律家を介して法的安全性を保ちながら企業利益を追求することがどの企業でも当たり前に行われる時代になりました。
また、この流れに合わせて国民の権利意識や規範意識が大きく変化したことも一つの要因になり顧問弁護士がその価値を高めていったのです。

このような企業意識の変化から現代では企業法務を専門にした顧問弁護士を擁立している企業がどんどん増えています。
企業の活動がマスコミの目にさらされ、常にコンプライアンスを求められる現代において企業と社会の接点になる弁護士の存在は非常に大きな意義があります。
確かに人を雇うということは費用もかかることですが、それ以上に企業の価値を高める大きな意義があります。
法律という武器を自社のものにするためにも顧問弁護士を擁立し、より安全な経営を考えてみはいかがでしょうか。

参考資料 > 企業法務に強い顧問弁護士と契約が出来る「アディーレ プラス」

企業が抱えた問題

日本の多くの企業は時代の変化に合わせて大きな法律上の問題を抱えていくことになりました。
近年では労働者の権利意識が拡大しいわゆるブラック企業がこぞって叩かれるような現象が起こってきたのです。
これまで企業にとっては大きな問題にならなかったような労働関連法に関わる法律上の係争や問題発生時のマスコミ対策、いかに企業イメージを回復させるかといった問題に対応しなくてはならなくなったのです。

企業にとってこれらの労働関係だけでなく避けられなくなったのが社員の起こす不祥事です。
最近ではSNSなどの普及によって以前よりも不祥事が明るみに出る機会が増えてしまいました。
これまででは何か問題を起こしても企業にまで責任追及が及ぶ機会が少なかったことでもSNSを通じて問題を起こしてしまった人本人の会社名まで明らかになるような時代が到来しました。
このため、各企業にとって事前に問題を起こさないようにするだけでなく、問題が起こった際の責任追及への応対を事前に計画することが現代企業の課題となっているのです。

このような問題にはどうしても自分の企業を熟知し、自社の環境や関係企業まで把握している法律家である顧問弁護士を身につけることが必須条件になってきたのです。

顧問弁護士の必要性

アメリカやヨーロッパなどの先進国では国民の権利意識の高まりとともに数多くのトラブルが発生しました。
一般市民同士のトラブルも激化し、さらには大きな企業である法人同士の問題や法人と一般市民(私人)の間でのトラブルが大きくなってきました。
このような問題を解決するには法律の力を借りて裁判を起こすより他に手がありませんでした。
この法律というのは法律の文言として書いてある内容をどのように解釈するのかで大きく運用が変化してきます。
また、法律の専門の用語を理解することができなければ法律を正しく運用することもできませんでした。
このため、欧米では弁護士の需要が大きく増すことになったのです。

この流れは日本でも同様でした。
日本人でも近年の権利意識の向上によって様々なトラブルが勃発しています。
近年では環境権の主張やプライバシー権の主張などの新しい人権の問題や様々な環境の変化しに対応した新しい法律の施行など多くの法律上の変化を抱えている過渡期です。
この中でいかに弁護士とうまく付き合っていくかというのは現代の社会で企業が生き残っていく上で避けられない課題となっています。
現在の企業では法律上の問題が起こった時の対処だけでなく、起こさないような企業活動が必要になっています。
このコンプライアンス対策には法律の専門家の意見を入れつつ企業としての希望を実現する経営戦略を立てるいいパートナーとして自社のいいパートナーとなる顧問弁護士が活躍しているのです。