なぜ顧問弁護士が生まれたか

顧問弁護士を擁立することが企業にとって強い意義を持ってきたのは戦後の経済成長の時期でした。
高度経済成長期になり企業の成長が激化し、日本の企業が互いに競い合い、そして時に手を結んで企業間取引が活発化していく中で多くの経済的な摩擦が発生し、その回避手段として事前に契約書を作成することが企業を守りながら経済成長を果たす必須条条件になってきました。
この中で法律家を介して法的安全性を保ちながら企業利益を追求することがどの企業でも当たり前に行われる時代になりました。
また、この流れに合わせて国民の権利意識や規範意識が大きく変化したことも一つの要因になり顧問弁護士がその価値を高めていったのです。

このような企業意識の変化から現代では企業法務を専門にした顧問弁護士を擁立している企業がどんどん増えています。
企業の活動がマスコミの目にさらされ、常にコンプライアンスを求められる現代において企業と社会の接点になる弁護士の存在は非常に大きな意義があります。
確かに人を雇うということは費用もかかることですが、それ以上に企業の価値を高める大きな意義があります。
法律という武器を自社のものにするためにも顧問弁護士を擁立し、より安全な経営を考えてみはいかがでしょうか。

参考資料 > 企業法務に強い顧問弁護士と契約が出来る「アディーレ プラス」