顧問弁護士の必要性

アメリカやヨーロッパなどの先進国では国民の権利意識の高まりとともに数多くのトラブルが発生しました。
一般市民同士のトラブルも激化し、さらには大きな企業である法人同士の問題や法人と一般市民(私人)の間でのトラブルが大きくなってきました。
このような問題を解決するには法律の力を借りて裁判を起こすより他に手がありませんでした。
この法律というのは法律の文言として書いてある内容をどのように解釈するのかで大きく運用が変化してきます。
また、法律の専門の用語を理解することができなければ法律を正しく運用することもできませんでした。
このため、欧米では弁護士の需要が大きく増すことになったのです。

この流れは日本でも同様でした。
日本人でも近年の権利意識の向上によって様々なトラブルが勃発しています。
近年では環境権の主張やプライバシー権の主張などの新しい人権の問題や様々な環境の変化しに対応した新しい法律の施行など多くの法律上の変化を抱えている過渡期です。
この中でいかに弁護士とうまく付き合っていくかというのは現代の社会で企業が生き残っていく上で避けられない課題となっています。
現在の企業では法律上の問題が起こった時の対処だけでなく、起こさないような企業活動が必要になっています。
このコンプライアンス対策には法律の専門家の意見を入れつつ企業としての希望を実現する経営戦略を立てるいいパートナーとして自社のいいパートナーとなる顧問弁護士が活躍しているのです。